8.保育の方針を聞いて  保活のススメ!現役園長が語る保育園の選び方

2018-01-18


こんにちは。保育園SCOPS園長の森川です。

今回も「よい保育施設の選び方 十か条」について解説していきます。

十か条の「7.施設の様子を見て」については、「3.見た目だけで決めないで」の記事で見学ポイントを紹介しましたので、割愛します。

今回はこちらです。

八 保育の方針を聞いて ・園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう ・どんな給食が出されているか、聞いてみましょう ・連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか、聞いてみましょう

よい保育施設の選び方 十か条より




 

園長の人柄で9割分かる?

園長は会社で言うところの社長です。

社長が良い会社は、社員も気持ちよく働くことができ、会社の目的や狙いもハッキリし、お客様に愛される商品を提供できる会社になります。

社長がダメな会社は、労働環境がブラックで、お金儲けが一番の目的。お客様のことは考えず、自分達のことばかり考える会社になります。

園長も全く同じです。

1.保育者のことを考えているか? 2.保育の目的や理念がはっきりしているか? 3.保護者のことを考えているか?

この3点に対する考え方でその園の方向性が分かってきます。

見学者の方の話では、 「ずっと一方的に話されて、こちらが質問する隙が無かった。とにかく話が長かった。」 「保育に関する話は全く無く、園のルールやお金の話だけだった。」 という話を聞きました。

こういった園長の振る舞いは、保育の質に大きな影響を与えます。

園長の人柄で9割保育内容が分かると言っても過言ではありません。

いくら保育への情熱があっても、人がどう感じているかが分からない園長の話では、保育者も日頃から話を流して聞いていることでしょう。

説明会という入園前の大事な機会で、保育への想いを伝えないということは、そもそも保育への想いを持っていない可能性が高いでしょう。

園長の話や振る舞いからこの3点についてしっかり考えているかどうかを見抜く必要があります。

見学で見抜くことが難しいものもありますが、以下のポイントを参考にしてください。




1.保育者のことを考えているか?

・壁面装飾の細かい作り物など保育者に負担をかけるものがたくさんないか? ・行事の数が多すぎないか?特に保護者が参加する行事は準備が大変。 ・保育者の表情が疲れていないか? ・保育者が休憩を取れているか?残業が多くないか? ・園方針が保護者寄りすぎないか?(長時間の開園時間、洗濯などを全て園で行ってくれるサービスなど) ・年配やベテランの職員がいるか?=若い先生ばかりで、常に入退職が繰り返されていないか?


2.保育の目的や理念がはっきりしているか?

・園長に保育への熱い想いがあるか?想いを見学時に語るか? ・自園の保育特徴があるか?ただ「良い保育をします」と言っていないか? ・保育理念が分かりやすいか?長々と説明されて結局よく分からないものになっていないか? ・保育目的を達成するための工夫や取り組みがあるか? ・年齢が若すぎないか?若いのは悪いことではないが、大きな会社や新設園の場合、ただ他に成り手がいなかっただけではないか? ・話している雰囲気はどうか?アクが強すぎたり、自分の考えを押し付けたりしてこないか?


3.保護者のことを考えているか?

・持ち物が少ないといった保護者サービスよりも、保護者に保育内容を伝えるツール(写真や連絡帳など)が充実しているか? ・園の考えを押し付けるのではなく、保護者と一緒に保育園を作っていくという姿勢が見られるか? ・説明会では分かりやすい資料やパンフレットなどが準備されているか? ・保護者が聞きたいであろう質問への回答や質問時間が設けられているか? ・見学の受付や入園予約方法が分かりやすく、簡単か? ・職員の態度は丁寧か?

こういった点をチェックしながら見学・説明会に参加してみて下さい。

見学者に対する態度は、そのまま保育で子どもに対する態度に繋がります。

あなたが「うん?ちょっと違う?」と思った感覚を大切にしてみて下さい。

次回は「預け始めてからもチェックを」をご説明します。


Twitterで質問にお答えしていますので、是非お気軽にPeingでご相談下さい。




著者プロフィール

株式会社SCOPS(スコップス) 代表取締役 森川 慶


法政大学社会学部メディア社会学科卒 在学中、独学での一般試験を経て、保育士資格を取得 平成20年4月から社会福祉法人にて、保育士として3年勤務。 入社4年目で認定保育園の園長に就任 研修制度に応募し、一週間かけてイタリア・オランダの保育園を視察 質と量を両立できる会社・施設を作りたいと思い、起業を決意。法人を退職する。 退職後、勉強のため、毎年2000人以上の保育関係者が見学に訪れる保育園にて、半年間勤務させて頂く 勤務の傍ら、創業メンバーと共に株式会社SCOPS(スコップス)の設立を準備 平成24年12月株式会社SCOPS設立、代表取締役として就任 平成30年4月に3園目となる保育園SCOPS公園前を開所予定 >株式会社SCOPS http://scops.jp/

木