厚労省で公開されている「よい保育施設の選び方 十か条」とは...?

2018-01-09

よい保育施設の選び方

皆さんは「よい保育施設の選び方 十か条」というのをご存知でしょうか?

これは今から約18年前の2000年に厚生労働省で公開された情報です。

古い情報ではありますが、現在でも十分に活用できる本質をついた内容となっています。

この十か条を森川園長にわかりやすく、詳細に教えてもらいます!

一 まずは情報収集を
・市区町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう

保活をする上で最も大事なことは、第一志望の保育園に落ちても職場や介護などに復帰できる環境を整えておくことです。 森川園長が保護者さんとお会いしてよくあるケースが「認可は見たけど、認可外までは見る時間が無かった」というケースだそうです。 認可外は見学受付を常時受けていない園も多く、探し始めた時には「もう見学は終了しました」、「今年度の申し込みは終了しました」となるケースがよくあります。 保活は情報戦と言われることが多いですが、園長先生が勧める情報収集の方法を公開しています。
 園長先生が書いた記事 >1.まずは情報収集を...

二 事前に見学を
○ 決める前に必ず施設を見学しましょう

見学時は保護者の存在を意識しているため、普段より少し盛った保育になってしまいます。 森川園長は保育園を見学する時に大事なのは「保育者の素を見れるかどうか」と説きます。 保育者の素を見るために、意外な方法を教えてくれます。 その方法とは...
 園長先生が書いた記事 >2.事前に見学を...

三 見た目だけで決めないで
○ キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう

この記事では、保育園を運営する目線で良い保育園の見極め方を教えてくれます。 「保育園で保育料を下げるためには、人件費のコストダウン以外に効果的な方法はありません。どんな良い保育園や保育者でも、保育人数が十分でない場合は、継続的に良い保育を出来る可能性はほぼ0%と言えます。すなわち、保育料が安い=保育者が足りていないという可能性は常に頭に入れておく必要があります。」 見学をしていると保護者目線で良い保育園を探しがちですが、森川園長は「大人がうれしい見た目・イメージが前面に出ている園は注意した方がいいと思います」と警告します。
 園長先生が書いた記事 >3.見た目だけで決めないで...

四 部屋の中まで入って見て
○ 見学のときは、必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう

大事なこどもを入園させる保育園、せっかくなら安心して預けられる場所が良いですよね。 時期や時間帯によっては、生の保育が見れない可能性もあります。 そういう時は園が伝える努力をしているかどうかを見るのもポイントです。 森川園長が勧めるのは「入園後、保護者が普段の様子を見られる時間やツール」がある保育園...?
 園長先生が書いた記事 >4.部屋の中まで入って見て..

五 子どもたちの様子を見て ○ 子どもたちの表情がいきいきとしているか、見てみましょう

保育園の見学時に子供たちが泣いていると、ちょっと心配になってしまいますよね。 「泣き声=良くないこと」というイメージが少なからずあると思います。 しかし森川園長の説明を聞くと、自己主張の泣き声なのか、先生への甘えの泣き声なのかしっかりと聞いてみることが大切なようです。
 園長先生が書いた記事 >5.子どもたちの様子を見て...

六 保育する人の様子を見て
○ 保育する人の数が十分か、聞いてみましょう  人手は十分足りていますか。  人手が足りないと、いくら保育する人がすぐれていても、一人一人の子どもに十分な対応ができません。とくに、生まれてから3歳くらいになるまでは保育する人が一人一人の子どもに、やさしくていねいにかかわれることが大切です。  人手が足りなければ、おむつを余り替えない、ミルクを決まった時間しか与えない、赤ちゃんの目を見て話しかけない、テレビをつけっぱなしにしてテレビに子守りをさせるなど、手を抜くことができますが、子どもの成長・発達にとっては、問題なのです。 ○ 保育士の資格を持つ人がいるか、聞いてみましょう  保育士は、資格を得るための短大を卒業するなどして専門的な知識を持っています。とくに、継続して多くの子どもを預かる施設では子どもの発達や情緒・体調等に配慮した保育のプログラムが必要ですが、個人的な経験や勘だけでは、よいプログラムをつくってそれに従った保育をすることはまず無理です。  安心して預けるためには、保育士資格を持っている人がどの程度いるかを聞いてみましょう。 ○ 保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう  保育する人が余裕をもって一人一人の子どもをあたたかく受け入れ、子どもたちに笑顔で接することが大切です。大人に余裕がなければ、子どもたちは、悲しく寂しくつらく感じます。  保育する人は、子どもの目線で話し、子どもと笑顔で接していますか。大声でしかってばかりいませんか。  保育する人がつらそうな顔をしていませんか。 ○ 保育する人の中には経験が豊かな人もいるか、見てみましょう  多くの子ども、とくに赤ちゃんも預かっている園では、経験豊かな人もいることが望ましいのです。何をしても赤ちゃんが泣きやまないとき、赤ちゃんの具合が急に悪くなったときなど、ベテランの持ち味が発揮されます。

七 施設の様子を見て ○ 赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、また、子どもが動き回れる十分な広さがあるか、見てみましょう

八 保育の方針を聞いて ○ 園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう

九 預けはじめてからもチェックを ○ 預けはじめてからも、折にふれて、保育のしかたや子どもの様子を見てみましょう

十 不満や疑問は率直に ○ 不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう、誠実に対応してくれるでしょうか

森川園長プロフィール

株式会社SCOPS(スコップス) 代表取締役 森川 慶


法政大学社会学部メディア社会学科卒 在学中、独学での一般試験を経て、保育士資格を取得 平成20年4月から社会福祉法人にて保育士として3年勤務。 入社4年目で認定保育園の園長に就任 研修制度に応募し、一週間かけてイタリア・オランダの保育園を視察 質と量を両立できる会社・施設を作りたいと思い、起業を決意 退職後、毎年 2000人近くが見学に訪れる保育園に勉強のため、半年間非常勤職 員として勤務させて頂く 勤務の傍ら、創業メンバーと共に株式会社SCOPS(スコップス)の設立を準備 平成24年12月株式会社SCOPS設立、代表取締役として就任 >株式会社SCOPS http://scops.jp/

木