保育園探しが保活の第一歩!効率的な保育園探しの方法は?

2017-05-19

保活は保育園選びから!という方も多いのでは?? でもどうやって保育園選びをすればいいの.. やっぱり新しい保育園の方がいいの?家から近い方がいいのかしら... 保活を始める人は必ず、こういった壁にぶち当たります。 まずは保育園の種類や情報を調べて、家族で教育の方針を決めてから保育園を決める行動に写すと良いでしょう。

保育園の情報でネットは×!?

何から始めればいいのか分からない!という人は、自宅や勤務先近くの保育園がを探したり調べてしまうことが多いようです。でも、いきなりネットで検索というのはおすすめしません! 子どもの保育ができる場所、手段はたくさんあります。 自宅に来てくれるベビーシッターや、病気の時な急なお仕事の変更などの時に頼りになるファミリーサポートなど、多種多様です。 インターネットは調べたい情報を深めるためには役に立つかもしれませんが、まずは大枠を知るために住んでいる自治体が発行する「保育園入園のご案内」などを入手するのが一般的です。

役所の案内文書は保活のバイブル!

この「保育園入園のご案内」は、保育課などの窓口で配布されていたり、担当者の方からもらえる書類です。 ほとんどの自治体で市区町村のホームページでも内PDFなどのデータで配布されています。 しかし、役所のホームページや案内文書は文字通り全てが網羅されているため、なかなか欲しい情報に行き着かなかったり、重要なところを見落としてしまったりすることが多いもの。 とりあえず自分の該当するところを読み、分からないことがあったら電話や役所に直接問い合わせて見ることが大事です。

産後より妊娠中に保活をするのがベター

慣れないベビーカーと子供を連れで動くのはなかなか大変です。 妊娠中に区役所に行ったり保育園の見学に行くことをオススメします。

区役所では何を教えてもらえるの? 持参するものはある?

不明点は遠慮なく質問してみてください。 持ち物は特に不要ですが、仕事などの復帰スケジュールや記録するメモなどを持参するといいでしょう。 産後だったら母子手帳も一緒に持っていくといいかもしれません。

保育園の見学はどんな手順を踏めばいい?

多くの園での一般的な見学方法は、見学を希望する園に電話して予約をします。 「〜月から入園を希望している●●ですが、見学を希望しています」という旨を伝えます。 すると、園の方から都合の良い日時を提示されますので、スケジュールを合わせて見学に行ってみてください。

認証保育園や認可外保育園を併願する場合は早めの対策を!

認可保育園の入園時期もいつでも入れるのですが、多くの方が4月入園の3月退園なので、4月しか枠が空かない場合がほとんどです。 認可保育園は入園できる時期がある程度決まっているのに対して、認証保育園や無認可は「先着順」で入園を決定することが多いです。 キャリアや介護など、決まった時期に必ず復帰されたい方は、まず無認可や認証保育園、その他ベビーシッターなどを調べて確実に復帰できる環境を整えることを優先してください。

夫婦で必ず話し合いを!

どの園を第1希望にするのか、何を保育園に求めるかなど、夫婦で話し合いをしましょう。 お互い、どのタイミングで環境が変わるか分かりません。天候が悪い時、怪我をしてしまった時などの想定外なことが起きてもお互いカバーしあえる条件を考えてみてください。 もちろん、保育園で長い時間を過ごすのは大切なお子様です。子供がその園にしっかりと馴染めるかどうかも考慮して考えると、失敗が少なくなります。

認可保育園の選考に落ちてしまったら?

残念ながら選考で漏れてしまった場合、理由を自治体に聞きに行くこともおすすめです。 嘆願書を出すという方法もありますが、原因をしっかり聞いて次の対策をする方が効率的です。 選考に漏れたと思っても補欠で入れるパターンもあれば、一ヶ月後に偶然空きがでて入園できるケースもあります。

結論:保育園探しは早めの行動とリサーチ力が大切!

保活はどうしても行動が遅めになってしまいがちですが、保活を成功のためには少しでも早く情報収集をしたり、見学など早めの行動が大切です。 ゴールが見えず精神的にも辛い時期が来るかもしれませんが、保育園のみならず預かってもらえる手段を確立しているだけで不安は少なくなります。 あきらめずに、次、次!と気持ちを切り替えて行動していきましょう。
参考ページ: 【Webサイト】 ・読んで納得! 知って安心 保育園の探し方選び方
・保育園の基礎知識(保育園を考える親の会) 【書籍】 ・働くママ&パパのためのはじめての保育園(主婦と生活社)
木