保育園園長が答えます!Q.保活は早く始める方が有利?

2018-01-31


こんにちは。保育園SCOPS園長の森川 慶です。

現在、Twitterで質問にお答えしていますが、100文字という制限があるため細かい回答が出来ないケースもあります。

そういったものに対して、このブログで回答したいと思います。

今回の質問はこちらです。

保活は早く始める方が有利?

現在、私の園でも予約者の方と面談を行っており、保活についても色々お話を聞いています。

その中で最も多い反省点が「保活開始が遅くて見学が間に合わなかった。」というご意見です。

遅くなってしまった理由は「引っ越し、出産のタイミング、どうにかなると思っていた」など様々でした。

早く進めても有利になるわけではないのですが、9月~10月からスタートしてしまうと、見学が取れなかったり、そもそも説明会が終了してしまっているケースもあります。

認可外の中には春に見学や説明会の予約受付を開始している園もあるようです!!

妊娠中から始めている方も最近は多いですよね。

妊娠中に認可園を見て回り、出産後に認可外を見たことで、2年がかりで余裕をもって見学できたと仰っていたお母さんもいました。

認可園は見学が少数グループで実施するところが多いのではないでしょうか。その場合、見学日程を抑えられるのがかなり先になってしまいます。

認可は比較的いつでも見学を受け付けている園が多いと思いますので、行ける時に行っておいた方がいいと思います。

一方、認可外は秋から説明会を開催する園も多いかと思います。秋には認可外の見学を回れるようスケジュールを抑えておきましょう。

スケジュール確認も春頃から各園に問い合わせをし、いつ頃、説明会の案内が出るかを確認しておきましょう。

「保活がうまくいっている人の特徴」については、上記のように余裕をもってスケジュール管理が出来ている方だと思います。

特に認可外は常時見学対応していないところもあるので、「認可ばかり見て認可外まで手が回らなかった」と後で後悔しないようにご注意下さい。

「認可は無理!」と思って初めから活動された方がいいと思います。

ちなみに認可落ちてから慌てて認可外を探し始めるのはかなり望みが薄いので、ご注意下さい!! (元々その時期から募集を開始したり、動きがある園は除きます。)




Twitterで上記のような質問にお答えしていますので、是非お気軽にPeingでご相談下さい。



これまでの連載についてはこちらでご確認ください。





著者プロフィール

株式会社SCOPS(スコップス) 代表取締役 森川 慶


法政大学社会学部メディア社会学科卒 在学中、独学での一般試験を経て、保育士資格を取得 平成20年4月から社会福祉法人にて、保育士として3年勤務。 入社4年目で認定保育園の園長に就任 研修制度に応募し、一週間かけてイタリア・オランダの保育園を視察 質と量を両立できる会社・施設を作りたいと思い、起業を決意。法人を退職する。 退職後、勉強のため、毎年2000人以上の保育関係者が見学に訪れる保育園にて、半年間勤務させて頂く 勤務の傍ら、創業メンバーと共に株式会社SCOPS(スコップス)の設立を準備 平成24年12月株式会社SCOPS設立、代表取締役として就任 平成30年4月に3園目となる保育園SCOPS公園前を開所予定 >株式会社SCOPS http://scops.jp/

木